QUALITY & SUPPORT

クオリティ&サポート

“万一のときにも安全で、快適に過ごせる家を” 大切なご家族を守る家だから、デザイン性だけでなく、性能もこだわります。
パパママハウスは、デザイン性だけを追求しません。家は見た目の満足だけでなく、“万一のときにも安全で、快適に過ごせる” ことが大切だと考え、
こだわっています。構造の性能や居住の性能はもちろん、目に見えない快適さ、安心をトータルに考え、日々技術を高めています。

TECHNOLOGY

建築工法

パパママハウスの一般住宅建築では、2×4工法と在来工法を主に採用しております。
ここでは、2×4(ツーバイフォー)工法の特徴をご紹介いたします。

2×4(ツーバイフォー)工法の特徴

  • 構造

    6面が一体となった箱のような構造

    ツーバイフォー工法は、2×4インチの構造用木材で枠を組み、構造パネルで床・壁・天井を構成。6面が一体となった箱のような構造で家を支えます。

  • 防火

    ファイヤーストップ構造

    2重3重の防火機能をもつファイヤーストップ構造によって、ツーバイフォー工法の建物は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

  • 性能

    安心な性能を確保しています

    床・壁・天井が一体となった6面体構造により、優れた断熱・気密性を持ち、耐震・耐風・耐火・省エネ性に優れた工法と言えます。

  • 地震

    地震にも強い工法です

    阪神・淡路大震災(M7.3、震度7)では、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に補修をしなくても、継続して居住可能な状態を保ったことが分かっています。

ツーバイフォー工法でデザイン上のこだわりを具現化するのが難しい場合、在来工法でのご提案をすることが可能です。店舗・商業施設等、豊富な設計・施工実績を持つパパママハウス専門スタッフにお任せください。

安心して暮らすために
『耐震等級3(最高等級)相当 / 全棟構造計算』を採用

パパママハウスは住まわれる皆様が安心して暮らせる家を作ることが大切であると考え、耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられる耐震等級3相当になるよう、全棟構造計算を行い設計施工しております。

構造計算とは
安全な建築物をつくるために、応力や部材断面を計算して設計することです。構造計算書はA4用紙100枚~500枚程になります。
2階建て以下の木造建築では構造計算は義務付けられていませんが、パパママハウスでは、より安全で安心な住宅ご提供の為、全棟、構造計算書を作成しています。

住宅性能表示基準の耐震等級

QUALITY

安心のクオリティー

  • 敷地調査・地盤調査

    入念に調査し、必要に応じ最適な地盤改良や基礎補強工事を実施します。

    • ◎スウェーデン式サウンディング調査
    • ◎表面波探査式地盤調査
    • ◎ボーリング調査
    • ◎SDS
  • 地盤改良

    敷地調査のデータから調査地盤の基礎仕様及び軟弱地盤対策の提案を行っています。

    • ◎表層改良工事
    • ◎杭(鋼管・RC・PC)改良工事
    • ◎柱状改良工事
    • ◎MS工法
    • ◎DSP
    • ◎CPP工法
    • ◎砕石パイル工法
  • 基礎構造

    一体の鉄筋コンクリートにすることで、地震がきても建物の荷重を分散する構造になってます。また、湿気が床下内にこもらないよう、基礎と土台の間に硬質ゴムを一定間隔ではさむ基礎パッキン工法を採用。従来の工法に比べ、1.5倍~2倍の換気性能を実現。土台の腐れを防ぎ、シロアリを寄せ付けにくい環境づくりをしてます。

  • 乾燥させた木材使用

    地震にも強い工法です

    木材の収縮や変形を防ぐためには、しっかり乾燥させてから使用することが大事です。住宅に使用される木材の含水率として、構造材20%以下と定められています。パパママハウスでは構造材の含水率を19%以下とし圧縮強度を高め、反りや変形の可能性を低減してます。

  • 剛床工法

    地震にも強い工法です

    1階の床に24mmの構造用合板を施工し、地震による床のねじれやゆがみを強力な水平剛性で抑えます。また床を厚くすることで、床鳴りが発生しにくくなると同時に耐火性能も向上。地震に対する強さ、構造の安定感が高くなっています。

  • 外壁換気工法

    目に見えない外壁内部には、温度差による壁体内結露が発生しやすくなり、断熱性能を低下させたり、木材を腐食させる腐朽菌やシロアリの発生につながります。外壁換気工法を採用し、壁の中の湿気を屋外へ通気し、建物の耐久性を向上させます。

  • 吹き付け
    発泡ウレタン断熱

    隅から隅まで家全体をすっぽり包み込み、現場で発泡ウレタンを隙間なく吹き付けていく断熱工事です。湿性も低く、断熱材内部に湿気を侵入させていくため、躯体内の結露を抑制し建物の耐久性を高めます。また、冷暖房の熱ロスを減少させ、生活音の漏れをシャットアウトする効果もあります。

SUPPORT

安心の長期メンテナンスシステム

20年保障システム 流れ図

自社点検システム&地域に密着したアフターサポート

長期メンテナンスシステムとは
                        
建物・設備機器の保証と、建物の定期点検がセットになったサービスです。
24 時間緊急対応サービス付きで夜間なども安心。快適な住み心地と住まいの質を維持する秘訣は、適切なメンテナンスと修繕。当社は、お引き渡し後も長期にわたりサポートいたします。
建物長期保証
住宅品質確保法(住宅の品質確保の促進などに関する法律)に定められた箇所について、工事完了までに国土交通大臣指定の第三者機関による検査を行い、お引き渡し後に瑕疵があった場合、補修などを10 年間無償で実施いたします。
住宅設備機器の延長保証10年間
メーカーのアフター保証期間終了後も、対象の設備機器に故障・不具合が発生した場合、10 年間無償で修理もしくは必要に応じて新品交換いたします。
〈主な対象機器〉システムキッチン・システムバス・洗面化粧台・温水洗浄トイレ・給湯器・空調・インターホンなど
24時間緊急対応サービス
「トイレで水が溢れて止まらない」「窓ガラスを割ってしまった」など、水まわりや窓ガラスなどの緊急トラブルを24 時間365 日受付いたします。
建物の定期点検 無料で5回
お引き渡し後、10 年間に5 回(6 ヶ月目・1 年目・2 年目・5 年目・10 年目)、専門スタッフが建物の点検を行います。

ABILITY

各性能をトータルに満たし、
安心を見えるカタチで

いつまでも安心・安全・快適な住まいをご提供するために、
お客様の要望に応じて「住宅性能評価書」・「長期優良住宅」・「認定低炭素住宅」にも取り組んでいます。

  • 性能評価

    住宅の性能を、わかりやすく比較できるように共通の表示方法と評価方法を定め、国に登録した第三者機関が、法律に基づいた一律の基準で表示・評価するために作られた「住宅性能評価書」。外見からでは判断できない建物の性能の違いが、専門知識がなくても分かりやすく理解することができます。しかも、設計段階と建設工事・完成段階の2段階のチェックをします。

  • 長期優良住宅

    住宅の長寿命化を目指し、ストック重視した国の住宅政策。住宅を長期にわたり使用することで、解体や除却に伴う大量のゴミやCO2を低減。基本構造を定期的にメンテナンスし、長く住み続けられる快適な家を目指します。住宅ローン減税の優遇や登録免許税、不動産取得税、固定資産税の各種税金の軽減制度を利用できます。

  • 低炭素建築物認定制度

    CO2を減らすための工夫がなされている建物のことです。高い断熱性で光熱費などのランニングコストの低い住宅が該当します。認定を受けるには市街化区域等が条件に。認定を受けた住宅は、税制等の優遇などが受けられます。例として、住宅ローン減税の優遇や登録免許税の軽減、住宅ローンの金利優遇、容積率の緩和などがあります。

『万一の際も大丈夫。安心を見えるカタチに』

  • 住宅瑕疵担保責任保険

    「念願のマイホームに雨漏りや床の傾きなどが起きたら?」そんな不安を解消してくれるのが、住宅瑕疵担保履行法に基づく『ハウスプラスすまい保険』です。住宅会社は、住宅の主要部分において、完成引き渡し後10年の保証が義務付けられています。万が一、瑕疵があった際には、パパママハウスが責任を持って補修しますが更に、お客様が費用を負担しないような措置を講じております。『ハウスプラスすまい保険』を住宅に付保する為には、建物の施工中に専門の検査員による2回の厳正な検査をクリアする必要があり、パパママハウスの全ての新築住宅に付保しております。

  • 各種長期保証

    地盤の専門家による調査・解析の詳細なデータ結果は、「地盤調査報告書」としてお客様に報告します。その上で、調査の結果から地盤状況を判断し、20年間地盤を保証する「地盤保証書」を発行しています。
    バルコニーの防水工事には、一定の保証規定が盛り込まれています。万一、防水不良による漏水があった場合には「FRP防水10年防水保証制度」でサポート。また、シロアリ被害が発生した時による「シロアリ5年保証制度」などの保証も用意しています。